素人には分からない?施工チェックで見るべきはここ! | 沖縄で注文住宅を建てるブログ
スポンサーリンク

素人には分からない?施工チェックで見るべきはここ!

その他のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

上棟後はルーフィング、筋交い、耐震金物、防湿・防水シートなどがどんどん施工されていきます。これらの単語、全部家をつくりはじめてから知りました。家づくりは初めて知る名詞のオンパレード!

知らない単語ばかりだし、施工についても「どうせ素人がみてもわからない」最初は私もそう思っていました!でもずっと住む高い買い物、特に構造部分は家が完成したら見えなくなってしまう部分です。雑な施工で雨漏り…なんてことにならないよう、知識をつけてきちんとチェックしましょう!

(ちなみに我が家は木造なので、RC造住宅の参考にはならないかもしれません)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

施工チェックちゃんとしようと思ったきっかけ

「どうせ素人が見てもわかんない」そう思っていた私がちゃんと勉強してチェックしようと思ったきっかけは、これです。

釘打ち、雑じゃね?

え、こんなもんなの?もっと丁寧にしてほしい…。さっそく現場監督に確認しました。回答は「構造上では問題ないけど、雑なところはあるので言っておく。」とのこと。ここが雑だったら他も雑なんじゃ…って思ってしまいますよね。

こんな記事も…

くぎの打ち外しで信頼失墜
 垂木や下地材の留め付けで、くぎを打ち損じることは珍しくない。構造に関わる部分であれば増し打ちなどで対処するのが一般的だ。この対応が雑だと、建て主に大きな不信を抱かせる羽目になる。

<CHECK!>内部から屋根を見上げて、垂木から釘が外れてないか確認

参照元:https://xtech.nikkei.com/

<CHECK!>耐震金物の釘がちゃんと打たれてるか確認
たまーに忘れられていることもあるとか。

防水処理を確認しよう!

外装工事のお仕事をされている方が言っていたのが

いくら大工や材料、性能がよくても雨漏りしたら家はダメになるので、正しい施工はとても大事です!

しっかり防水処理がされていないと、濡れた木材が腐朽したりシロアリが発生しやすくなったり…。家を長持ちさせるためにも、防水処理はとても大事。

<CHECK!>防水シートが正しく施工されているか確認!

戸建て最大の問題は「雨漏り」 防水工事のポイント|マネー研究所|NIKKEI STYLE
前回に続き、新築一戸建てを建築する際のチェックポイントを見ていく。今回はずばり「防水」。入居後、最も多い問題が実は「雨漏り」。雨漏りしやすい屋根、外壁、ベランダの3カ所には、しっかりとした防水工事が必要だ。中でも最も雨漏りの多い屋根は、屋…

こちらのサイトでは防水シートの施工について、良い例と悪い例を図解で並べてくれていてわかりやすかったです。

デュポン社[タイベック®ハウスラップ]防水性20年保証の透湿防水シート | 株式会社グリーンフィールド
タイベック®ハウスラップは、米国デュポン社が独自開発した透湿・防水機能を持った高密度ポリエチレン不織布シート。透湿防水シートとして優れた透湿・防水性能を有し、抜群の強度と耐久性能を保持。業界初、防水性能20年保証。株式会社グリーンフィールドはデュポン™ザバーン®国内総販売元です。

防水シートは「貼り方」が大事なんだそう。正しい施工がされてるかしっかりチェックしましょう。

構造が見えなくなる前に

これらの部分は、最後には見えなくなる部分です。きちんとした建築会社であれば現場監督もチェックしてくれるはずですが、もしものことを考えて、見えるうちに自分でも確認しておきましょう。

ここに書いたことのほかにも見るべきところはあるかもしれませんがひとまず私たちがチェックした項目です。気になることがあったら現場監督に聞いてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました