新築購入時のチェックポイント。ルーフィングの種類! | 沖縄で注文住宅を建てるブログ
スポンサーリンク

新築購入時のチェックポイント。ルーフィングの種類!

ルーフィング その他のこと
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ルーフィング」とは、雨漏り防止のため屋根に貼る防水紙のことです。家を建てるなかで初めて存在を知ったのですが、ルーフィングの種類によって家の雨漏り耐性は大きく変わります!気にしない人が多いからこそコストカットもされやすい「ルーフィング」の話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨漏りから家を守るルーフィング

雨漏りは、構造材である木材を腐らせたりカビを発生させたり、家の寿命を縮めるこわい存在。そんな雨漏りから守ってくれるのが「ルーフィング」です。

こちらがうちの屋根にルーフィングが貼られた様子です。

黒い屋根の家ではありませんwこの後、このうえに瓦を並べていきます。

ルーフィングにはグレードがある

ルーフィングにはいくつか種類があるのですが、最も安いルーフィングの場合「寿命が10年しかない」そうです。雨漏りから家を守る大切な存在であるにもかかわらず、最終的に屋根材で隠れてしまう部分で、その存在すら知らない、気にしない人が多いので(私もそうでした)コストカットされやすい部分でもあるそうです。

【その業者さんケチってませんか?】ルーフィングの種類【低品質から高品質】 - テイガク屋根修理
屋根の雨漏りを防ぐアスファルトルーフィング、防水シートの種類、施工方法、張り方、貼る方法いついて解説します。改質ゴムアスファルトルーフィングをはじめ品質はさまざまです。

一番安いのは「アスファルトルーフィング940」
これの耐用年数は10年しかありません。

ローコストメーカーや建売住宅、安さがウリのリフォーム会社などで使われるそうなので、ルーフィングの種類は一度確認してみるといいとおもいます。アスファルトルーフィング940以外は耐用年数が20年以上あり、価格がそこまで高いわけではないので、もし標準がアスファルトルーフィング940の場合はグレードアップにお金を使ってもいいところだと思いました。

ちなみにうちで使われていたのは改質ゴムアスファルトルーフィング(通称ゴムアス)で耐用年数は20年です。ローコストメーカーなので心配していましたが、ゴムアスでよかった!

見えない部分の建材についても知っておこう

家づくりを始めると「間取り」とか「設備」とかわかりやすいところに目がいきがちですが、日々の暮らしやすさや家の耐久性、メンテナンスコストに関係するのは「見えない部分」。私も含め特に女性はキョーミナイみたいになりがち!(反省)

後悔しない家づくりのために、建材についても知識をつけ、ハウスメーカーを決める際のチェックポイントとすることをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました